FC2ブログ
いつも心に仏教を あるチベット仏教行者のWeb説法
チベット仏教はインド仏教の正当な流れを受け継ぐ「生きた」仏教です。
DATE: 2019/03/15(金)   CATEGORY: 仏教の話
金毘羅様について4
より多くの皆さんに

幸せを届ける為に

ぽちっとお願い致します。

  
にほんブログ村 雑貨ブログ 癒し系雑貨へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

毎日ブログを見てくださって
ありがとうございます。

応援のクリックを見て、

よーし、ブログを書くぞ~と頑張れます。
これからも、宜しくお願い致します。


こんにちは。

金毘羅様について4

をお書きいたします。

金毘羅様には2つの側面があり、
そのもう一つの側面が、守護神としての

宮毘羅(宮比羅/くびら)。

この名前で出て来る時は
闘神・軍神としての性格(働き)が
強く出ていて

有名なのは薬師十二神将のリーダーとしての

宮毘羅大将

で、他にも『金光明経』『大宝積経』など、
数多くの経典にその名が出てきます。

薬師十二神将としての働き(功徳)は
実は諸説あります。

薬師如来は十二の誓願をお持ちですが、
その誓願に対応していると考えられ、

誓願の何番目を担当するのかによって
働き(功徳)が変わって来るからです。

高野山では第一願 光明普照(こうみょうふしょう)

自らの光で三千世界を照らし、全ての衆生を悟りに導く。

この誓願の担当としています。
亥年を当てています。

新薬師寺では第十二願 美衣満足 (びいまんぞく)

困窮して寒さや虫刺されに悩まされる衆生に衣類を施す。

この誓願の担当としています。
亥年を当てています。

十二支については他に「子」「丑」「寅」など
他のものを当てる事があります。

と言うのは元々インドにおいては
十二神将と十二支とは関連が全くなかったからです。

十二支は中国の殷で甲骨文に出てきます。
つまり、インドでは
十二支と言う考え方自体が無かったのです。

その為に様々な解釈が生まれた訳です。
つまり、うまれ年の干支はインド的には

最初から関係ない→どうでも良い

って事です。
元を考えると「誓願」の方がより大切であると考える訳です。

かなり続くので今回はここまで。m(_ _)m

拍手してくださる方、
ありがとうございます。
実は十二支関係なし(o'∀'o)☆
ぽちっとお願い致します。m(_ _)m

  
にほんブログ村 雑貨ブログ 癒し系雑貨へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

5月10日付で

無料鑑定を終了させて頂きました。

それは無料であろうと
有料であろうと
私は全力でしているつもりです。

もちろん、ただの人間ですので
間違う事もありますし、
占いですから、トンチンカンな事を言うかもしれません。

しかし、今回有料化に踏み切ったのは
皆様により質の高いものをお届け出来る様に
責任を持って行う為でございます。

何卒ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。
虹野 光謹拝

誠に勝手ながら無料鑑定は終了させて頂きました。
ありがとうございました。
また簡易鑑定は現在休止させて頂いております。

本鑑定は特別な占星法を使って
個人の「魂の傾向」を根本的に割り出します。

これを基にして、

カウンセリングや風水の指導をします。

また縁のある仏菩薩、神様を割り出し
参拝の方法、お祀りの仕方もお教えします。

その他にも多くのアドバイスを行いますので
詳しくはメールにてお問い合わせ下さい。

本鑑定の鑑定料三万円(税抜き)

特別鑑定は本鑑定の内容を
更に充実させた内容となっています。

こちらは私が考えうる限りの
充実した最高の内容であるとだけ言っておきます。

こちらはお問い合わせをしてくださった方のみに
内容を公開しております。

特別鑑定の鑑定料三十万円(税抜き)


事前調査にお答え頂いた後に
本鑑定、特別鑑定を送信致します。

氏名
生年月日
生まれた時間(分かればより正確に占断出来ます。不明の時は朝・昼・夕・深夜など
       分かる範囲でお答え下さい。)
生まれた場所(分かればより正確に占断出来ます。不明の時は県名・市名までお答え下さい)

ちなみに企業のコンサルタントとしての依頼も
本鑑定や特別鑑定で受けております。

一時的な対処療法としての解決策ではなく
根本的な解決策として
決定打となる鑑定だと自負しております。

また調子の良い時ほど
落とし穴があるものです。

調子が良い時期にこそ、
リスクヘッジとしての対策をしておく事が
大切だと私は思っています。

船の底に穴が開いてから穴をふさぐのではなく
穴を開けない為の先見性が必要だと思うのです。

調子の良い人(会社も)・悪い人(会社も)も
是非、ご検討ください。

ご不明な点や更に詳しくは
メールにてお問い合わせください。


shugoseki@gmail.com
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © いつも心に仏教を あるチベット仏教行者のWeb説法. all rights reserved.