FC2ブログ
いつも心に仏教を あるチベット仏教行者のWeb説法
チベット仏教はインド仏教の正当な流れを受け継ぐ「生きた」仏教です。
DATE: 2012/04/04(水)   CATEGORY: 守護石
赤色の素材とクルクレー
より多くの皆さんに

幸せを届ける為に

ぽちっとお願い致します。

  
にほんブログ村 雑貨ブログ 癒し系雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

毎日ブログを見てくださって
ありがとうございます。

応援のクリックを見て、

よーし、ブログを書くぞ~と頑張れます。
これからも、宜しくお願い致します。


今日はとても暖かな1日でしたね。
実は今日、画商である竹山さんの交流会でお会いした
菅野さんとお話をさせて頂きました。

菅野さんと交流会では
そんなに長い間お話で来た訳でなく
長くても10分足らずの時間しか
お話はしていませんでした。

しかし、私の話には

「ストーリーがある。面白い。」

そう思ってくださり、
興味を持ってくださったそうです。

そこで、改めて今日お話をさせて頂く事に
なったのです。

ま、内容は色々とあるですが
これから言われた事を参考にさせて頂こうと思っています。

今日は赤色の素材とクルクレー

についてお話をさせて頂こうと思います。
今回はクルクレーの方に重点を置いてお話をします。

このクルクレはチベット密教の修法中の
敬愛法(けいあいほう)の本尊として有名です。

クルクレーと言う方は

財産の困窮を速やかに除き、
事業が上手くいかない原因を無くし、
財産や権力が自然に集まり、

観音菩薩の慈悲の力により
全ての生き物の善き縁が増して
家庭は円満になる。

みんなから敬われて
福徳と智慧が円満になる。

また、海や山などで行い高い所へで
この護摩の煙を放つ事で
その効果は更に高まるとされています。

そしてこの効果の現れ方はとても
迅速で素早く現ると言われています。

この方に使う数珠は基本としては

「赤い材質のモノ」です。

特に使われるのは
赤瑪瑙と山珊瑚(珊瑚の化石)です。

数珠として使う場合、
天然もので、無処理のモノが基本です。

また日本に38年在住のチベット僧で
カギュ派において転生活仏として認められ
現在はニンマ派であられる
ニチャン・ケントゥル・リンポチェによると

クルクレの修行を行う時は
紅壇(べにだん/レッドサンダルウッド)
を使うのが理想であると仰られていました。

一般的に紅壇の数珠と言うのは
売られていません。
仏壇屋さん・数珠専門店で注文するしか
方法はなさそうです。

敬愛法は色の赤い姿の仏菩薩や護法尊が
本尊となる事が多く、また使う数珠も
赤いモノを使うのが基本になります。

ただ、今回のクルクレの場合
特別に紅壇が割り当てられるので
特別枠でお書きしました。

本日から正式に1ヶ月に5人無料で
守護石のカウンセリングを募集
いたします。

今まで、ゲリラ的に募集をしていましたが
本日から正式に募集を致します。

内容は

メールのみ

占星術による守護石の正式鑑定
運気の鑑定、アドヴァイス
質問の回答(内容は何でもOKです。往復3回まで)


スカイプチャット

メールによる事前調査
チャット
フォローメール(チャットにおいて出た疑問で1回のみ)


「メールのみ」「スカイプチャット」両方合わせて
5件の申し込みがあった時点で締め切らせて頂きます。

また、チャットについては時間が重なった場合は
先に申し込まれた方を優先とさせていただきます。
悪しからずご了承ください。

拍手してくださる方、
ありがとうございます。

数珠ってけっこう奥深いでしょ。
ぽちっとお願い致します。

  
にほんブログ村 雑貨ブログ 癒し系雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

東京以外の方からもご要望があり、
Skypeによる各種の相談を始めました。

貴方に合う守護石など様々な鑑定、
事業相談、お悩み事ございましたらご相談にのります。

チャットによる相談です。

日曜日休日とさせていただきます。

事前にメールにてご希望の日付・時間をお知らせください。
ご予約の方のみとさせていただきます。

先着順にご予約を入れて行きますので、
ご希望に添えない事がございます。
あしからず、ご了承ください。

料金は
30分コース3000円
1時間コース5500円

キャンセルは3日前にお知らせ下さい。
前日当日になりますと
キャンセル料(料金の20%)が発生致します。

払い戻しはお振込み料引かせて頂いての
ご返金となりますので御了承下さい。

また、キャンセルをされる
ご予約される時間も明記下さい。

ご不明な点や更に詳しくは
メールにてお問い合わせください。


shugoseki@gmail.com
関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © いつも心に仏教を あるチベット仏教行者のWeb説法. all rights reserved.