FC2ブログ
いつも心に仏教を あるチベット仏教行者のWeb説法
チベット仏教はインド仏教の正当な流れを受け継ぐ「生きた」仏教です。
DATE: 2011/12/13(火)   CATEGORY: 旅行記
さすが香港! さすが中国人!!
より多くの皆さんに

幸せを届ける為に

ぽちっとお願い致します。

  
にほんブログ村 雑貨ブログ 癒し系雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

毎日ブログを見てくださって
ありがとうございます。

応援のクリックを見て、

よーし、ブログを書くぞ~と頑張れます。
これからも、宜しくお願い致します。


最近、旅行ネタを書いていないので
ネタが尽きたと思っていませんか?

そんな事はありません。
ちゃんとまだまだ、残っています。

って言う事で、
今日は香港の観光のお話です。

前回のお話は玉器市場のお話でしたが、

今回はここからほど近い女人街(ノイヤンガイ)
行ってみようとホテルを出ます。

この女人街(ノイヤンガイ)
日本で言えば原宿と御徒町を掛け合わせた様な
そんな感じの所です。

今回は素直に乗り換えをして
あっという間に目的の
油麻地(ヤウマテイ)に着きました。

ここですかさず、方向音痴が炸裂。

やっぱり、分からなぁ~い…。

ま、いつもの事なので良いんですけれどね。
全然、気にせず、あっちにふらふら、こっちをうろうろ。

すると、こんな看板が。

日本語の看板1
日本語の看板1

おお、これはすごい。
これを頼りにてくてくと行くと

女人街看板
女人街看板
やっぱり、日本語も書いてある。

って事で物見遊山を開始。

女人街1
女人街1

女人街2
女人街2

女人街3
女人街3

ウロウロしていると
大量の竹が。

竹 たくさん
竹 たくさん

なんだろうと思い
ふと、上を見上げると
なんと足場。

竹の足場
竹の足場

コンクリートのビルに
竹で組んだ足場。
香港らしいと言えば香港らしい。

香港のアクション映画で
よく出てくるシーンって感じ。
日本ではありえない場面だ。

で、そんな事を感心していると
また目の前に妙な物がぶら下がっているのが
見えてくる。



近づいてい見ると

なんとフカヒレ!

フカヒレ1
フカヒレ

何とこれで33,466円
この巨大なフカヒレがたったの

33,466円

言葉が出ない・・・。

フカヒレの問屋さんです。
こんな大量のフカヒレ見た事ないですよ。

フカヒレ問屋
フカヒレ問屋

さすが本場。
やっぱり、迫力が違いますね。

帰り道、電車に乗っていると
女性の集団が慌ただしく乗って来ました。

で、ホームには荷物をいっぱい持った男性がいて
急いで電車に積み込みます。

私はてっきりこの男性も
お仲間だと思ったのですが
どうも違うようです。
だってホームにそのまま残っていましたから。

この女性軍団が凄かった!

恐るべき集団
恐るべき集団

箱ごとまとめ買いをしたらしいのですが
これをみんなで分けるらしく、

自分達の買い物袋にこれでもかと
詰め始めました。

さすがの中国人もここまで貪欲な風景は
珍しいらしく、かなり驚いていましたよ。

商品の入っていたダンボールも解体され
買い物袋に詰め込まれます。

あっけに取られて事の次第を見守っていると
とうとう羅湖(ローフー)の駅に着いてしまいました。

この逞しい女性集団は急ぎ足で
そのまま改札へ向かい
いつの間にか何処かに消えてしまいました。

いやぁ~、凄かったですね。
ホントに。
珍しい光景が見られて、ちょっとだけ得した気分。

拍手してくださる方、
ありがとうございます。

旅ってけっこう奥深いでしょ。
ぽちっとお願い致します。

  
にほんブログ村 雑貨ブログ 癒し系雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

東京以外の方からもご要望があり、
Skypeによる各種の相談を始めました。

貴方に合う守護石など様々な鑑定、
事業相談、お悩み事ございましたらご相談にのります。

チャットによる相談です。

日曜日休日とさせていただきます。

事前にメールにてご希望の日付・時間をお知らせください。
ご予約の方のみとさせていただきます。

先着順にご予約を入れて行きますので、
ご希望に添えない事がございます。
あしからず、ご了承ください。

料金は
30分コース3000円
1時間コース5500円

キャンセルは3日前にお知らせ下さい。
前日当日になりますと
キャンセル料(料金の20%)が発生致します。

払い戻しはお振込み料引かせて頂いての
ご返金となりますので御了承下さい。

また、キャンセルをされる
ご予約される時間も明記下さい。

ご不明な点や更に詳しくは
メールにてお問い合わせください。


shugoseki@gmail.com

関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © いつも心に仏教を あるチベット仏教行者のWeb説法. all rights reserved.