FC2ブログ
いつも心に仏教を あるチベット仏教行者のWeb説法
チベット仏教はインド仏教の正当な流れを受け継ぐ「生きた」仏教です。
DATE: 2011/10/02(日)   CATEGORY: 仏教の話
捨無量心 平等心の訓練
より多くの皆さんに

幸せを届ける為に

ぽちっとお願い致します。

  
にほんブログ村 雑貨ブログ 癒し系雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

毎日ブログを見てくださって
ありがとうございます。

応援のクリックを見て、

よーし、ブログを書くぞ~と頑張れます。
これからも、宜しくお願い致します。


今日は新宿の

『国際ミネラルアート&ジェム展』

開催日:2011年9月30日(金曜日)~10月3日(月曜日)
時 間:午前10時から午後6時(最終日は午後5時まで)

入場料:一般700円 65歳以上・学生500円 中学生以下無料
※4日間有効
場 所:スペースセブン イベント会場
(ハイアット・リージェンシー東京/小田急第一生命ビル1F)

http://tima.co.jp/

に行って来ました。

国際ミネラルアート&ジェム展 パンフレット


土曜日と言う事もあり
結構人が来ていましたよ。

幾つか気になるモノがありましたが、
今日はあくまで事前の偵察と言う事で
最終日に残っていて縁があれば購入しようと思います。

新宿の夕日。

新宿の夕日


今日は昨日の続きです。

昨日は

思考は放っておきましょう
無視しましょう

と言う事でしたが
ここでこんな疑問が出て来ませんか?

冷静に観る事が大切なのは
分かったけれどこれをすると
ロボットみたいな冷酷で
無機質な人間にはならないの?

そう思われるかもしれません。
仏教の心を統制・制御する方法は
大きく分けて2種類あります。

顕教的方法と密教的方法です。

どちらも基本は

「四無量心観」と言われる瞑想法に基づきます。

これは

「慈無量心」 「慈愛」、相手の幸福を望む心。

「悲無量心」 「抜苦」、苦しみを除いてあげたいと思う心。

「喜無量心」 「随喜」、相手の幸福を共に喜ぶ心。

「捨無量心」 「浄捨」、相手に対する平静で落ち着いた心。
            いかなる相手でも平等に観る心。 

と言う実践徳目に基づく瞑想です。

顕教的方法では全ての物事を

「平等」に見る事が最初の修行(訓練)です。

AさんにもBさんにもCさんにも
同じ態度で臨まなければいけません。

親だから情があるので人を殺しても無罪。
大嫌いな人間だから真夜中の信号無視でも銃殺刑。

これはおかしな話です。
どう考えても正しい判断とは言えません。

これは極端な例ですが似たような事は
いくらでもあります。

そうならない為に全てを冷静に
そして平等に観る必要があります。

これが出来なければ
他のいかなる実践も役に立ちません。
その為にこの実践が必要になります。

淡々と思考を見つめ
無視し続ける事が大切なのです。

この事が出来て初めて
他の無量心の実践が可能になります。

密教的実践は
正しい灌頂と言う儀式が必要になります。

その為一般の方には事実上出来ませんので、
お書き出来ません。

拍手してくださる方、
ありがとうございます。

仏教ってけっこう奥深いでしょ。
ぽちっとお願い致します。

  
にほんブログ村 雑貨ブログ 癒し系雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

東京以外の方からもご要望があり、
Skypeによる各種の相談を始めました。

貴方に合う守護石など様々な鑑定、
事業相談、お悩み事ございましたらご相談にのります。

チャットによる相談です。

日曜日休日とさせていただきます。

事前にメールにてご希望の日付・時間をお知らせください。
ご予約の方のみとさせていただきます。

先着順にご予約を入れて行きますので、
ご希望に添えない事がございます。
あしからず、ご了承ください。

料金は
30分コース3000円
1時間コース5500円

キャンセルは3日前にお知らせ下さい。
前日当日になりますと
キャンセル料(料金の20%)が発生致します。

払い戻しはお振込み料引かせて頂いての
ご返金となりますので御了承下さい。

また、キャンセルをされる
ご予約される時間も明記下さい。

ご不明な点や更に詳しくは
メールにてお問い合わせください。


shugoseki@gmail.com
関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © いつも心に仏教を あるチベット仏教行者のWeb説法. all rights reserved.