FC2ブログ
いつも心に仏教を あるチベット仏教行者のWeb説法
チベット仏教はインド仏教の正当な流れを受け継ぐ「生きた」仏教です。
DATE: 2019/03/23(土)   CATEGORY: 仏教の話
お彼岸にお墓参りをする意味1
より多くの皆さんに

幸せを届ける為に

ぽちっとお願い致します。

  
にほんブログ村 雑貨ブログ 癒し系雑貨へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

毎日ブログを見てくださって
ありがとうございます。

応援のクリックを見て、

よーし、ブログを書くぞ~と頑張れます。
これからも、宜しくお願い致します。


こんにちは。

実は昨日お彼岸と言う事もあり

鴻池と縁のある
「顕孝庵」にお墓参りに行って来ました。

行くとお寺さんが全てのお墓に
「仏花」を入れてくれていました。
沢山のお墓があるのに本当に

「有難い事だな」

と感心しながら、お参りをさせていただきました。

さて、今までにもお彼岸そのものについては
何回か書かさせていただいているので、
今回は

お彼岸にお墓参りをする意味1

について書かせていただきます。
正直この話は賛否両論あるのは

目に見えているので
あくまで、私が色々な方に学んだ結果

「今はその様に考えている」

と言う事で、

「これが絶対に正しいと主張している訳ではない」

と言う事を考慮しながらお読みください。

お彼岸は3月は春分の日を中日として
前後7日間行います。

春分・秋分の日は昼と夜が同じ時間になる日です。
そして、この日は太陽が
真東から出て真西に沈む日なのです。

この「真西」に沈むと言う事から
日本では「西方極楽浄土」と結びつき
思いが通じやすくなる日と言う事で、

お墓参りをする

と言う習慣が生まれた様です。
で、肝心な事があります。

お墓自体には御先祖様は「いません」

ここまで来て

えっ~~~~!

となるかも知れませんが、
お墓にはいません。

では、お墓は何なのか?

って事になりますが、
分かりやすく言えば、

御先祖様への「直通電話」です。

それぞれの家族専用回線で、
その「先に御先祖様がいる」

って事です。

わたしの~~お墓の前で

泣かないでください~~~

そこにわたしはいません

って歌詞は大当たりって事ですな。

まだまだ続きます。m(_ _)m

拍手してくださる方、
ありがとうございます。
お墓参り大切ですよ(o'∀'o)☆
ぽちっとお願い致します。m(_ _)m

  
にほんブログ村 雑貨ブログ 癒し系雑貨へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

5月10日付で

無料鑑定を終了させて頂きました。

それは無料であろうと
有料であろうと
私は全力でしているつもりです。

もちろん、ただの人間ですので
間違う事もありますし、
占いですから、トンチンカンな事を言うかもしれません。

しかし、今回有料化に踏み切ったのは
皆様により質の高いものをお届け出来る様に
責任を持って行う為でございます。

何卒ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。
虹野 光謹拝

誠に勝手ながら無料鑑定は終了させて頂きました。
ありがとうございました。
また簡易鑑定は現在休止させて頂いております。

本鑑定は特別な占星法を使って
個人の「魂の傾向」を根本的に割り出します。

これを基にして、

カウンセリングや風水の指導をします。

また縁のある仏菩薩、神様を割り出し
参拝の方法、お祀りの仕方もお教えします。

その他にも多くのアドバイスを行いますので
詳しくはメールにてお問い合わせ下さい。

本鑑定の鑑定料三万円(税抜き)

特別鑑定は本鑑定の内容を
更に充実させた内容となっています。

こちらは私が考えうる限りの
充実した最高の内容であるとだけ言っておきます。

こちらはお問い合わせをしてくださった方のみに
内容を公開しております。

特別鑑定の鑑定料三十万円(税抜き)


事前調査にお答え頂いた後に
本鑑定、特別鑑定を送信致します。

氏名
生年月日
生まれた時間(分かればより正確に占断出来ます。不明の時は朝・昼・夕・深夜など
       分かる範囲でお答え下さい。)
生まれた場所(分かればより正確に占断出来ます。不明の時は県名・市名までお答え下さい)

ちなみに企業のコンサルタントとしての依頼も
本鑑定や特別鑑定で受けております。

一時的な対処療法としての解決策ではなく
根本的な解決策として
決定打となる鑑定だと自負しております。

また調子の良い時ほど
落とし穴があるものです。

調子が良い時期にこそ、
リスクヘッジとしての対策をしておく事が
大切だと私は思っています。

船の底に穴が開いてから穴をふさぐのではなく
穴を開けない為の先見性が必要だと思うのです。

調子の良い人(会社も)・悪い人(会社も)も
是非、ご検討ください。

ご不明な点や更に詳しくは
メールにてお問い合わせください。


shugoseki@gmail.com
スポンサーサイト



Copyright © いつも心に仏教を あるチベット仏教行者のWeb説法. all rights reserved.