FC2ブログ
いつも心に仏教を あるチベット仏教行者のWeb説法
チベット仏教はインド仏教の正当な流れを受け継ぐ「生きた」仏教です。
DATE: 2015/02/19(木)   CATEGORY: よもやま話
春節、正月も色々
より多くの皆さんに
幸せを届ける為に
ぽちっとお願い致します。

  
にほんブログ村 雑貨ブログ 癒し系雑貨へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

毎日ブログを見てくださって
ありがとうございます。

応援のクリックを見て、

よーし、ブログを書くぞ~と頑張れます。
これからも、宜しくお願い致します。


皆さん、こんばんは。

今日は中国の旧正月である春節ですね。
暦が違うとどんどん正月の日付が「ズレて」しまう訳です。

これは「歳差」と言われる問題を
無視する事で時間差が生じてしまうのですが、

占星術的には大問題なんですけれど、
ま、普通に生活している分には何の問題もありません。

新年を祝うのにも
各国かなり違いがあります。

今日、新年を迎えた中国は
街中で「爆竹」を鳴らしまくって
邪気や悪運を追い払います。

かなり、煙たいし、
近年では環境の汚染が指摘されています。

日本は伝統的には、除夜の鐘からの初詣。

チベットではロサルと言う新年を祝うお祭りがあり、
チャムと言う仮面を被った
伝統的・宗教的な舞踏が行われます。
基本的には僧侶が踊り手となります。

アメリカは大晦日から正月に掛けて
カウントダウンなどで盛り上がり、
パーティーを行うのが一般的なようです。

南アメリカでは派手なパンツをはくと
ラッキーになると言われている様です。

デンマークではなんと隣の家に
食器を投げつける風習があるそうで、

投げつけられた家には
幸せが訪れると信じられているそうです。

ちなみに今日は二十四節季では
「雨水」(うすい)と言って

空から降る雪が雨になり、
雪が溶け始める頃と言う意味だそうです。

特別気功ですが、
4/19になる可能性があります。
正式に決定したら発表させて頂きます。

あ、それともう一つ企画を考えています。
それについては、次回と言う事で。 (o'∀'o)☆

拍手してくださる方、
ありがとうございます。
もう一つの企画って気になるでしょ?
ぽちっとお願い致します。m(_ _)m

  
にほんブログ村 雑貨ブログ 癒し系雑貨へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

5月10日付で

無料鑑定を終了させて頂きました。

それは無料であろうと
有料であろうと
私は全力でしているつもりです。

もちろん、ただの人間ですので
間違う事もありますし、
占いですから、トンチンカンな事を言うかもしれません。

しかし、今回有料化に踏み切ったのは
皆様により質の高いものをお届け出来る様に
責任を持って行う為でございます。

何卒ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。
虹野 光謹拝

簡易鑑定を行う場合1回1000円に変更致します。

内容は

占星術による守護石の簡易鑑定
運気の鑑定、アドヴァイス。

事前調査にお答え頂いた後に
鑑定を送信致します。

氏名
生年月日
生まれた時間(分かればより正確に占断出来ます。不明の時は朝・昼・夕・深夜など
       分かる範囲でお答え下さい。)
生まれた場所(分かればより正確に占断出来ます。不明の時は県名・市名までお答え下さい)

本鑑定は特別な占星法を使って
個人の「魂の傾向」を根本的に割り出します。

これを基にして、

カウンセリングや風水の指導をします。

また縁のある仏菩薩、神様を割り出し
参拝の方法、お祀りの仕方もお教えします。

その他にも多くのアドバイスを行いますので
詳しくはメールにてお問い合わせ下さい。

本鑑定の鑑定料三万円(税抜き)

特別鑑定は本鑑定の内容を
更に充実させた内容となっています。

こちらは私が考えうる限りの
充実した最高の内容であるとだけ言っておきます。

こちらはお問い合わせをしてくださった方のみに
内容を公開しております。

特別鑑定の鑑定料三十万円(税抜き)

ちなみに企業のコンサルタントとしての依頼も
本鑑定や特別鑑定で受けております。

一時的な対処療法としての解決策ではなく
根本的な解決策として
決定打となる鑑定だと自負しております。

また調子の良い時ほど
落とし穴があるものです。

調子が良い時期にこそ、
リスクヘッジとしての対策をしておく事が
大切だと私は思っています。

船の底に穴が開いてから穴をふさぐのではなく
穴を開けない為の先見性が必要だと思うのです。

調子の良い人(会社も)・悪い人(会社も)も
是非、ご検討ください。

ご不明な点や更に詳しくは
メールにてお問い合わせください。


shugoseki@gmail.com
スポンサーサイト



Copyright © いつも心に仏教を あるチベット仏教行者のWeb説法. all rights reserved.