FC2ブログ
いつも心に仏教を あるチベット仏教行者のWeb説法
チベット仏教はインド仏教の正当な流れを受け継ぐ「生きた」仏教です。
DATE: 2014/12/14(日)   CATEGORY: 霊的な話
雑霊、悪霊、魔物退散12
より多くの皆さんに

幸せを届ける為に

ぽちっとお願い致します。

  
にほんブログ村 雑貨ブログ 癒し系雑貨へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

毎日ブログを見てくださって
ありがとうございます。

応援のクリックを見て、

よーし、ブログを書くぞ~と頑張れます。
これからも、宜しくお願い致します。


皆さん、こんにちは。

今回もお師匠様の話の続きです。

漆黒の闇に青白い光がかすかに見えたその中に
何かがいる事に気付いたそうです。

最初は目が慣れていないせいで
「それ」が何なのかよく分からなかったそうですが、

目が闇に慣れ、
目をしかめながら、

「それ」を観てみると

水牛の様な顔をしていたそうです。
水牛の顔の尊格と言えば、大威徳明王です。

しかし、文殊菩薩の忿怒の姿である大威徳明王が
邪法で使われるとはとても考えられません。

では、これはどう言う事なんでしょうか?

厳密に言えばこれはヴァジュラ・バイラヴァと言う尊格ですが、
その元となったお話と言うのがあります。

ある時水牛の頭を持つ魔物が現われ、
この世を恐怖に陥れました。

そこで、文殊菩薩がその有様を観て
一切衆生を哀れに思い、

その魔物と「同じ姿」をとって
その魔物を討伐し、
この世の平安を取り戻しました。

で、同じ姿ではあっても魔物の方が
師匠の家に来たという訳です。

なので、「獣の臭い」がして、
「蹄」(ひづめ)の音がしていたのです。

今回の魔物に対しては
大威徳明王の法をもって当たるのが最善と思われますが

師匠は不動の行者です。
ですから、常に不動明王の法を使って
事に当たります。

この魔物に対してももちろん、
不動法をもって当たりました。

※ちなみに、

「日本において不動明王は
 最もポピュラーであり、
 最強の明王とされていますが、

 中国やインド、ネパール、チベットなど
 他の国ではそう目立った尊格ではありません。

 不動明王は日本に来て
 爆発的な人気を得た方なのです。」

師匠の本気で気合を入れた声は
それはそれはとんでもない声で、

鼓膜が幾つあっても足りないのではないかと
思うほどの大音量です。
また、その声はよく「通る」のです。

その声でお経と真言を唱え、
法具を使って虚空に梵字を描き、
浄化と退魔を行います。

法はかかる(成功する)と即座に
効果が現われます。

空間が浄化されるや否や
漆黒の闇だった部屋は
いつもの通り電気がついて明るくなり

部屋中に広まっていた獣の臭いが
ごく一部に限定されます。

逃げ出そうとする魔物を捕まえて
引き寄せ、縛り上げます。

ここで、2つの選択肢があります。

1 魔物の首を撥ねて、
  呪詛返しを完成させる

2 魔物を改心させる事で
  こちらの味方に着けて
  呪詛返しを完成させる

どちらも密教的には
正しい選択です。

1はこれ以上罪を重ねさせず、
地獄で速やかに悪業を浄化する選択

呪詛を行った者(術者)とそれに加担した魔物
両方の事をさします。

2は行ってしまった悪業以上の
善行を積ませる選択

行ってしまった事は悪業は取り返せないので
仏法に帰依させる事で、善業を積ませる

これは魔物の事です。

術者はここまでの呪詛を行ったのですから
呪詛返しにより、間違えなく地獄行きです。

術者に対しては1の対応となる訳です。

1も2も教団が同じ魔物を使役する事は不可能となります。

事実上、関わった人間は全滅しますから、
もし教団をあげて、全力で行ったとしたら
教団は「壊滅」します。

師匠が取った方法は「1」でした。
師匠の口癖の一つに

誠(まこと)をもって接しても

誠(まこと)をもって返さない者に

誠(まこと)を返す必要はない


と言うものがあります。
また、

邪法をもてあそんだその報いは
身をもって償え


という考えを持っています。
その為、この様な術者や教団に対しては
容赦は全くありません。

「1」の方法を選択した結果、

強烈な断末魔が部屋中に響き渡りました。
いつの間にか獣の臭いは完全になくなり、

今までに聞いた事のない爽やかな香りが
部屋中に広がっていたそうです。

これにて長きに渡った大霊戦は終わりを告げたのです。

拍手してくださる方、
ありがとうございます。
雑霊、悪霊、魔物退散12ってけっこう奥深いでしょ?
ぽちっとお願い致します。m(_ _)m

  
にほんブログ村 雑貨ブログ 癒し系雑貨へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

5月10日付で

無料鑑定を終了させて頂きました。

それは無料であろうと
有料であろうと
私は全力でしているつもりです。

もちろん、ただの人間ですので
間違う事もありますし、
占いですから、トンチンカンな事を言うかもしれません。

しかし、今回有料化に踏み切ったのは
皆様により質の高いものをお届け出来る様に
責任を持って行う為でございます。

何卒ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。
虹野 光謹拝

簡易鑑定を行う場合1回1000円に変更致します。

内容は

占星術による守護石の簡易鑑定
運気の鑑定、アドヴァイス。

事前調査にお答え頂いた後に
鑑定を送信致します。

氏名
生年月日
生まれた時間(分かればより正確に占断出来ます。不明の時は朝・昼・夕・深夜など
       分かる範囲でお答え下さい。)
生まれた場所(分かればより正確に占断出来ます。不明の時は県名・市名までお答え下さい)

本鑑定は特別な占星法を使って
個人の「魂の傾向」を根本的に割り出します。

これを基にして、

カウンセリングや風水の指導をします。

また縁のある仏菩薩、神様を割り出し
参拝の方法、お祀りの仕方もお教えします。

その他にも多くのアドバイスを行いますので
詳しくはメールにてお問い合わせ下さい。

本鑑定の鑑定料三万円(税抜き)

特別鑑定は本鑑定の内容を
更に充実させた内容となっています。

こちらは私が考えうる限りの
充実した最高の内容であるとだけ言っておきます。

こちらはお問い合わせをしてくださった方のみに
内容を公開しております。

特別鑑定の鑑定料三十万円(税抜き)

ちなみに企業のコンサルタントとしての依頼も
本鑑定や特別鑑定で受けております。

一時的な対処療法としての解決策ではなく
根本的な解決策として
決定打となる鑑定だと自負しております。

また調子の良い時ほど
落とし穴があるものです。

調子が良い時期にこそ、
リスクヘッジとしての対策をしておく事が
大切だと私は思っています。

船の底に穴が開いてから穴をふさぐのではなく
穴を開けない為の先見性が必要だと思うのです。

調子の良い人(会社も)・悪い人(会社も)も
是非、ご検討ください。

ご不明な点や更に詳しくは
メールにてお問い合わせください。


shugoseki@gmail.com
スポンサーサイト



Copyright © いつも心に仏教を あるチベット仏教行者のWeb説法. all rights reserved.