FC2ブログ
いつも心に仏教を あるチベット仏教行者のWeb説法
チベット仏教はインド仏教の正当な流れを受け継ぐ「生きた」仏教です。
怖い話解説編 山でこっくりさん
より多くの皆さんに

幸せを届ける為に

ぽちっとお願い致します。

  
にほんブログ村 雑貨ブログ 癒し系雑貨へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

毎日ブログを見てくださって
ありがとうございます。

応援のクリックを見て、

よーし、ブログを書くぞ~と頑張れます。
これからも、宜しくお願い致します。


皆さん、こんばんは。

今回は解説編です。
第一の問題点は間違いなく

「こっくりさん」を行った事です。

「こっくりさん」は漢字では

「狐狗狸さん」と書きます。

原因は大きく分けて

①霊的な存在が原因となっているもの

この場合こっくりさんとは
「狐」「狗(犬)」「狸」に代表される
大変低い霊的な存在を利用して行われるものと考えられます。

実際の動物霊では決してありません。
動物の様に知的レベルが低下した人間の霊とお考え下さい。

②集団心理や潜在意識による願望などの心理的要因によるもの

この場合、霊的な存在は関わっている訳ではありません。
この様な現象が一般的です。

霊的な存在が関わっていない場合が
圧倒的に多いと言えます。

しかし、①にしろ②にしろ
「こっくりさん」を行う事は大変リスクが高いと言えます

と言うのは、どちらも精神的にダメージを受けますし、
そして最悪の場合、死または精神を崩壊させてしまう事すらあるからです。

①の場合、霊的な存在はある程度の「当てもの」は簡単に出来ます。

何をした
何があった
何を食べた
誰と会った
どこに行った

何故なら、霊的な存在なら、
空間的な制限はありませんし、
直近ならば、記憶を見る程度は出来てしまいます。

その為、「当たる」のです。
しかし、いわゆる低級な霊的な存在ですから、
そのリスクは高く、見返りはとんでもない事を
要求して来るのです。

もちろん、正当な納得行くものでは決してない要求です。
そのとんでもない要求の為に、

人によっては、ショック死してしまう人や、
精神の崩壊を起こしてしまう人すらいます。

そして低級な霊域にチャンネルが合う事自体
心や体に悪影響を及ぼしてしまいます。

②の場合、霊的な存在とは関係ないので、
危険度が低いかと言えば、
それはケース バイ ケースで、一概には言えません。

集団心理は

みんながこう思っているだろう
だから自分もその様に思わなければいけない

と言う考え方です。

今回の場合、

「インチキか?」

という発言に反応していますので、
こっくりさんこっくりさんを信じていた人が
無意識に指を誘導していた可能性がない訳ではありません。

つまり、集団心理が働いた可能性はあると言う事です。

しかし、

男性でも指を引きはがす事が出来ない
仕掛けも無いのに、突然、紙が燃える、10円玉が無くなる

と言うのは、合理的に考えても理解出来ない現象です。

特に、紙が燃えて、10円玉がなくなるのは
状況から考えて、悪戯の域を完全に超えていて
実際に起こったのであるならば、

完全に理解不可能な現象と言わざる得ません。
きっかけは集団心理かもしれませんが、
何らかの理由で

本物を呼び出した可能性はあると言えます。

また潜在意識と言うのは、言わば、

「むき出しの欲望」

と言って良い部分があります。
本人の経験に基づく価値観から形成されたモノで

好き嫌いの基準はあっても、
善悪の判断はありません。

また、善悪の基準つまり良心から、
潜在意識にあるものを認めたくないと
本音を封印している場合だってあります。

これは無意識に行っているので
本人は気付きません。

その様な問題だらけの本音を何の準備も無く
突然、人目に晒す訳ですから、
精神的ダメージは大変大きなものになるのは当然です。

これが、何らかのトラウマ(心の傷)と結びついていた場合、
想像を絶するダメージとなる訳です。

①も②も「ある程度」ものを当てる事は出来る訳です。
②なら本人が「暴露」しているのですから、当たって当然の事もあります。

そして、この「こっくりさん」は別ヴァージョンとして

「エンジェルさん」「ウィジャボード」
「プランセット」「テーブル・ターニング」

等が挙げられます。
一人で行う、大人数などの多少の違いはありますが、
基本的には同じ構造です。

ですから、絶対に行うべきではありません。

そして、今回は紙は自然発火し、10円玉の消滅となりましたので、
問題となる「呪物」(じゅぶつ)の処理は必要ありませんが、

普通はこれらの「呪物」(じゅぶつ)が残ります。

①か②を見極める事が必要となりますが、
客観的にそして、完全な形で一般の方が見極める事は
正直かなり難しいと言わなければなりません。

そこで、残ってしまった物の処理の方法ですが、

勝手に紙を燃やしたり、ゴミ箱に捨てたり、
10円玉を賽銭箱に入れたりしてはいけません。

理由を話をして、神社仏閣に納めて下さい。
一般の方が行える唯一の方法です。

今回の様に常識的に考えて理解不可能な事が起きた場合

一般の方はマントラ(真言)を唱えたり、
印を結んだり、九字を切ったりする事は
密教の戒律を受けていないならば
実践する事は出来ません。


様々な本やビデオ、テレビの放映において
厄除け等でこれらの事を行うべきと
指導がありますが、絶対に行ってはいけません。

密教の戒律を受けていない人が密教の行を行う事は、
金剛の地獄に落ちる最悪の罪とされているからです。

緊急事態に陥った時には、

南無三宝(なむさんぼう)
南無(なむ)○○仏
南無(なむ)○○菩薩
南無(なむ)○○明王

と言う仏菩薩、明王に帰依をする事で
助けを求めるのが基本です。

この時知っているお経
(般若心経、延命十句観音経、観音経など)

で暗記しているものがあれば、
それを唱えるのも良いでしょう。

そして、仏菩薩、明王に対してご加護を願う時に
コツがあります。

今の危機的状況からお助け下さい

と願うのは当然ですが、

今、まさに危害を加えようしている存在自体を
お救い下さい。
これ以上罪を重ねる事が無いようにお願いします。


この様に願う事が大事なのです。
特に霊的障害にあっている場合は、
その原因となっている存在を排除するのではなく
原因そのものを解消する事、

つまり、いわゆる浄化(浄霊)する事が大切です。

そして、その様な障害を起こす様な
霊的な存在の影響を受けない様にする為にも

上記の様な祈願、
つまりお願をする事がポイントとなって来ます。

今回の場合は、いわゆる危害を加えようとしている訳ですから、
この危害を加えようとしている霊的な存在の救済を
仏菩薩・明王にお願いをすると言う事になります。

最も理想的なのは、この様な霊的な存在が浄化される事です。

それが出来ないならば、
一時的に、今影響を与えている霊的な存在から
影響を受けなくなる様に一時避難する事が必要となります。

或いは自分の周りに結界を張る事で、
影響を断ちきると言う方法があります。

しかし、これは「その場しのぎ」の方法で
根本的な解決方法ではありませんので、

普段の生活に常識的に考えて理解不可能な事が起きてきたら
お祓いなどを考える必要があるでしょう。

もちろん、万が一の時は私がなんとか致しますから
安心をして頂いて良いのですが。

結論としては

君子危うきに近づかず

と言う事です。

拍手してくださる方、
ありがとうございます。
怪しげな事は行わない
ぽちっとお願い致します。m(_ _)m

  
にほんブログ村 雑貨ブログ 癒し系雑貨へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

5月10日付で

無料鑑定を終了させて頂きました。

それは無料であろうと
有料であろうと
私は全力でしているつもりです。

もちろん、ただの人間ですので
間違う事もありますし、
占いですから、トンチンカンな事を言うかもしれません。

しかし、今回有料化に踏み切ったのは
皆様により質の高いものをお届け出来る様に
責任を持って行う為でございます。

何卒ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。
虹野 光謹拝

簡易鑑定を行う場合1回1000円に変更致します。

内容は

占星術による守護石の簡易鑑定
運気の鑑定、アドヴァイス。

事前調査にお答え頂いた後に
鑑定を送信致します。

氏名
生年月日
生まれた時間(分かればより正確に占断出来ます。不明の時は朝・昼・夕・深夜など
       分かる範囲でお答え下さい。)
生まれた場所(分かればより正確に占断出来ます。不明の時は県名・市名までお答え下さい)

本鑑定は特別な占星法を使って
個人の「魂の傾向」を根本的に割り出します。

これを基にして、

カウンセリングや風水の指導をします。

また縁のある仏菩薩、神様を割り出し
参拝の方法、お祀りの仕方もお教えします。

その他にも多くのアドバイスを行いますので
詳しくはメールにてお問い合わせ下さい。

本鑑定の鑑定料三万円(税抜き)

特別鑑定は本鑑定の内容を
更に充実させた内容となっています。

こちらは私が考えうる限りの
充実した最高の内容であるとだけ言っておきます。

こちらはお問い合わせをしてくださった方のみに
内容を公開しております。

特別鑑定の鑑定料三十万円(税抜き)

ちなみに企業のコンサルタントとしての依頼も
本鑑定や特別鑑定で受けております。

一時的な対処療法としての解決策ではなく
根本的な解決策として
決定打となる鑑定だと自負しております。

また調子の良い時ほど
落とし穴があるものです。

調子が良い時期にこそ、
リスクヘッジとしての対策をしておく事が
大切だと私は思っています。

船の底に穴が開いてから穴をふさぐのではなく
穴を開けない為の先見性が必要だと思うのです。

調子の良い人(会社も)・悪い人(会社も)も
是非、ご検討ください。

ご不明な点や更に詳しくは
メールにてお問い合わせください。


shugoseki@gmail.com
スポンサーサイト



Copyright © いつも心に仏教を あるチベット仏教行者のWeb説法. all rights reserved.