FC2ブログ
いつも心に仏教を あるチベット仏教行者のWeb説法
チベット仏教はインド仏教の正当な流れを受け継ぐ「生きた」仏教です。
DATE: 2013/09/01(日)   CATEGORY: 仏教の話
ヒプノセラピーと今を考える
より多くの皆さんに

幸せを届ける為に

ぽちっとお願い致します。

  
にほんブログ村 雑貨ブログ 癒し系雑貨へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

毎日ブログを見てくださって
ありがとうございます。

応援のクリックを見て、

よーし、ブログを書くぞ~と頑張れます。
これからも、宜しくお願い致します。


皆さん、こんばんは。

いきなりですが、
よく、スピリチュアル関係の所で

ヒプノセラピー(催眠療法)

と言われるものが行われていますが
本来の催眠療法とは全く別の物と言う事を
理解しておく必要があります。

本来の催眠療法は
目覚めている時の意識では関知できない
潜在意識を顕在化させて

心の問題の原因を突き止め、
治療をすると言う方法です。

これは前世とは全く関係ありません。

過去に起きた出来事を
可能な限り、「正しく引き出し」
それにより、完治を目指すと言う治療方法です。

この「正しく引き出す」と言う所が
この方法の要点です。

この方法は誘導方法によって
いくらでも、内容を「改変」出来てしまうと言う
危うさを持っているからです。

その為、「その出来事」
つまり本人が語っている内容が
本当にその人自身に起きた出来事であるかどうか
正しく判断する必要があるからです。

多くの場合、自分に都合の悪い出来事は
自分自身で記憶を改ざんしているからです。

また、本人の希望が潜在意識に刻まれている事も
当然考えられます。

ある調査では

前世がクレオパトラだった人が1000人以上
楊貴妃だった人が500人程度は居たそうです。

完全に自分の「希望」です。
そんなに沢山のクレオパトラや楊貴妃が
いる訳ありませんから。

確かに退行催眠によって
前世らしきものを
語り始める人がいるのは事実ですし

その退行催眠を行った後
精神的安定を得た人がいるのも事実です。

しかし、それが真実かどうかは
全くの別問題です。

ちなみに、私は全く催眠術にかかりません。

長らく、瞑想に慣れ親しんでいるからなのか
元々、かかりにくい気質を持っているのか

理由は分かりませんが
どの様な状況下でも
今の所、一度もかかった事はありません。

なので、ヒプノセラピーは
私には向いていないのですが

前世らしきものは
いくつか記憶があります。

しかし、証明できるものは
何一つとしてありません。
そして、今は間違いなく虹野 光として生きているのです。

確かに仏教徒として過去世からの行為(カルマ)の影響が
全くないとは言いません。

しかし、過去世からの影響よりも
今生きているこの世で行った影響の方が
遙かに強いのです。

過去の積み重ねで
現在のこの姿があります。
だからこそ、今の自分を見つめる必要があるのです。

仏教の諺に

過去の自分を知るには今の自分を観れば分かる
今の自分を観れば未来の自分が分かる。


つまり、今を観る事が過去・未来を知る唯一の手段である。
そう言っているのです。
今を大切にする必要があるのです。

過去の生涯に目を向ける暇があるのならば
今生で行って来た行為に目を向ける方が
遙かに自分の為になるでしょう。

拍手してくださる方、
ありがとうございます。
仏教ってけっこう奥深いでしょ。
ぽちっとお願い致します。

  
にほんブログ村 雑貨ブログ 癒し系雑貨へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

5月10日付で

無料鑑定を終了させて頂きました。

それは無料であろうと
有料であろうと
私は全力でしているつもりです。

もちろん、ただの人間ですので
間違う事もありますし、
占いですから、トンチンカンな事を言うかもしれません。

しかし、今回有料化に踏み切ったのは
皆様により質の高いものをお届け出来る様に
責任を持って行う為でございます。

何卒ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。
虹野 光謹拝

簡易鑑定を行う場合1回500円に変更致します。

内容は

占星術による守護石の簡易鑑定
運気の鑑定、アドヴァイス。

事前調査にお答え頂いた後に
鑑定を送信致します。

氏名
生年月日
生まれた時間(分かればより正確に占断出来ます。不明の時は朝・昼・夕・深夜など
       分かる範囲でお答え下さい。)

生まれた場所(分かればより正確に占断出来ます。不明の時は県名・市名までお答え下さい)

ご不明な点や更に詳しくは
メールにてお問い合わせください。


shugoseki@gmail.com
スポンサーサイト



Copyright © いつも心に仏教を あるチベット仏教行者のWeb説法. all rights reserved.