FC2ブログ
いつも心に仏教を あるチベット仏教行者のWeb説法
チベット仏教はインド仏教の正当な流れを受け継ぐ「生きた」仏教です。
DATE: 2012/12/08(土)   CATEGORY: 仏教の話
蔵王権現様と天河神社に参拝 8
より多くの皆さんに

幸せを届ける為に

ぽちっとお願い致します。

  
にほんブログ村 雑貨ブログ 癒し系雑貨へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

毎日ブログを見てくださって
ありがとうございます。

応援のクリックを見て、

よーし、ブログを書くぞ~と頑張れます。
これからも、宜しくお願い致します。


こんばんは、皆さん。

ここ最近、高速道路の天井が落ちてきたり
地震があったり、大好きだった中村勘三郎が亡くなったり

年の瀬だと言うのに
本当に世間が騒がしいですね。

今日は蔵王権現様と天河神社に参拝 8

についてお書きしたいと思います。

私が書くとすんごく長くなるんですよね。
反省しないといけないんですけれど

起きた出来事、
そして感じた事を書いていくと
どうしても長くなってしまうんです。

では続きです。

やっとの思いで
タクシーに乗り込み
天河神社を目指していましたが

運転手さんが
色々と教えて下さいました。

登山者が遭難しそうになったり
あるいは実際に遭難してしまったり、

平成23年の台風で
天河も大きな被害を受けたけれど

十津川村はもっと酷かったと言う事。
そして、北海道にある新十津川村は

1889年(明治22年)の十津川大水害で
村を離れた人達が作った村だと言う事を
教えて下さいました。

そして今でも天川村の川は
土砂で埋まってしまった川底を

ショベルカーで掘り
その土砂をトラックで、
運び出していると言う事でした。

確かに、川を見ると
立派な砂利道が出来ており
そこにトラックが止まっていました。

その砂利道は水害で運ばれて来た
土砂なのだそうです。
言葉が出て来ませんでした。

自然の脅威と言うモノが
どれほどのものかを
目の当たりに見せつけられた思いがしました。

他にも多くのお話をして下さいましたが
そのお話はまた別の機会にさせて頂きます。

しばらくすると、
懐かしい天河の村が見えて来ました。

実は前に天河神社には
来た事があり、

その時は、私の誕生日で
大祭が行われていたのですが

その大祭には出席せず
一人で弥山に登り奥の院で
月を観ていました。

ちなみにその時は
遭難しかけて、
あわや、向こうの世界へ行きかけたのですが

その時のお話は
これまた別の機会に(笑)

やっとの思いで
天河神社に辿り着き

お礼を言って
約束通り「5000円」を支払い
降りました。

記憶が正しければ
15年振りの天河神社です。

それも今回は奥さんと一緒に
来る事が出来た訳ですから
感慨もまたひとしおです。

長編旅日記になってきた。。。
続くのです。m(_ _)m

拍手してくださる方、
ありがとうございます。

人情ってけっこう奥深いでしょ。
ぽちっとお願い致します。

  
にほんブログ村 雑貨ブログ 癒し系雑貨へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

1ヶ月に3人無料で
守護石のカウンセリングを募集いたします。

内容は

メールのみ

占星術による守護石の正式鑑定
運気の鑑定、アドヴァイス
質問の回答(内容は何でもOKです。往復3回まで)


スカイプチャット

メールによる事前調査
チャット
フォローメール(チャットにおいて出た疑問で1回のみ)


「メールのみ」「スカイプチャット」両方合わせて
3件の申し込みがあった時点で締め切らせて頂きます。

また、チャットについては時間が重なった場合は
先に申し込まれた方を優先とさせていただきます。
悪しからずご了承ください。


東京以外の方からもご要望があり、
Skypeによる各種の相談を始めました。

貴方に合う守護石など様々な鑑定、
事業相談、お悩み事ございましたらご相談にのります。

チャットによる相談です。

日曜日休日とさせていただきます。

事前にメールにてご希望の日付・時間をお知らせください。
ご予約の方のみとさせていただきます。

先着順にご予約を入れて行きますので、
ご希望に添えない事がございます。
あしからず、ご了承ください。

料金は
30分コース3000円
1時間コース5500円

キャンセルは3日前にお知らせ下さい。
前日当日になりますと
キャンセル料(料金の20%)が発生致します。

払い戻しはお振込み料引かせて頂いての
ご返金となりますので御了承下さい。

また、キャンセルをされる
ご予約される時間も明記下さい。

ご不明な点や更に詳しくは
メールにてお問い合わせください。


shugoseki@gmail.com
スポンサーサイト



Copyright © いつも心に仏教を あるチベット仏教行者のWeb説法. all rights reserved.