FC2ブログ
いつも心に仏教を あるチベット仏教行者のWeb説法
チベット仏教はインド仏教の正当な流れを受け継ぐ「生きた」仏教です。
DATE: 2011/11/26(土)   CATEGORY: 仏教の話
ついに夢の法会、終わる
より多くの皆さんに

幸せを届ける為に

ぽちっとお願い致します。

  
にほんブログ村 雑貨ブログ 癒し系雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

毎日ブログを見てくださって
ありがとうございます。

応援のクリックを見て、

よーし、ブログを書くぞ~と頑張れます。
これからも、宜しくお願い致します。


え~、ついに護摩も
クライマックスにさしかかりました。

って事で昨日の続きです。

バラも捧げ全ての供物も捧げ終わって
残りのお香やお線香などを護摩壇に
入れる頃には辺りはすっかり暗くなっていました。

供養お香

そして、グル・リンポチェの護摩が終ったと思ったら
全ての儀式が始める前に「故人」「○○家」
書いたあの紙を燃やす為に別の鉄板が隣に置かれました。

そして、お経とマントラが唱えられ火が着けられました。
これで、無事に全ての儀式が終わった訳です。

全てが終わり、
ギェーパ・ドルジェー・リンポチェが
入壇と同じ方法で出壇されます。

で、しばらくすると、お付きの方が

ギェーパ・ドルジェー・リンポチェが
お呼びになっていますので
まだ、帰らないでください。

そう言われるので、

待っていると、

ギェーパ・ドルジェー・リンポチェがいらっしゃり

私の部屋に来なさい

そう仰ります。

で、ウキウキ、わくわく緊張しながら、

会場に設営されている控え室について行くと
真っ先に開いているスーツケースに行き
中を一生懸命に何か探されています。

探しながら、ギェーパ・ドルジェー・リンポチェが

I want to give for you some one.

そう仰っています。

OH,rearl? thank you very much.

と、中学校1年生レベルの会話で答える私。

で、ギェーパ・ドルジェー・リンポチェの先生である
トゥルシク・リンポチェのお写真とお塩、結縁の為の赤い紐、丸薬
そして、宝珠の刺しゅうされている袋。

頂いた袋
頂いた袋

頂いた結縁の紐
頂いた結縁の紐

頂いた加持のこもった丸薬
頂いた加持のこもった丸薬

頂いたお写真とお塩
頂いたお写真とお塩

これらを頂いて、上機嫌でいると
お付きの方がいらっしゃり、何やらチベット語で会話を。

すると、リンポチェは

You stay here,OK?

と仰り、私一人控室に。

で、どう考えても
ギェーパ・ドルジェー・リンポチェが
お座りになっていたであろう椅子に
堂々と座って待つ事に。

めちゃめちゃ

「バツ」がわるい。

外ではスタッフが後かたずけをしているのに
私一人何もせず、
しかも畏れ多くもリンポチェの座られていた
椅子に座っているわけで、落ち着かない。

でも、師の言う事は絶対なので
じっと待つ事、約10分。

とんでもなく、長い10分だった。

で、外に出るように促されます。

そこで、大切な事に気付きます。

そう、1週間後の

放生供養の集合場所

これが分からない事です。

異国の地にて
集合場所が分からないのは致命的です。

そこで、失礼なのは十分承知で
ギェーパ・ドルジェー・リンポチェに

I will go to 11/6's Ceremony.
But I don't know the place.
Please teach me the way of a meeting place.

と話をすると
一人の男性を紹介されました。

その方のお名前は

Kong(コン)さん

この方はちゃんとした英語を話す事が出来ます。

私のなんちゃって英語などとは違って
まともな英語です。
で、私の滞在している場所が
「シェンジェン」である事を伝えると

電話のかけ方を教えて頂きました。
更に、実際に電話が繋がるかどうか
その場で試してみました。

で、無事に電話が掛かる事が分かったので
万が一の時にはこれで大丈夫って事になりました。

もちろん、行き方を教えて頂きました。

羅湖(ローフー)まで行って東鐡線に乗りそのまま
旺角東(モンコクイースト)まで行き、
そこからはタクシーでホンコンシティハーバーのフェリー乗り場に行く。

日本に居た時は何度調べても
FaceBook上で聞いても全然分からなかったのが
ものの数分で解決。

百聞は一見にしかず

って言いますが、

擬似体験は実体験にはかなわない

って事です。

で、このKongさん夫婦に車で
上水(シュンスイ)の駅に送って頂きました。

正直、あまりに「濃い時間」
羅湖(ローフー)に着いた時には、
緊張の糸が切れかけて、ぐったりしていました。

そして、何とかホテルに辿り着くと、
まずは頂いたモノを枕元に置き、
本尊として祀りました。

これは根本の師より頂いたものです。
これより他に何を本尊にするのでしょうか?

どんな高価なものより、
どんな勝れた美術品より相応しいモノです。

そして、疲れ切ったの体に鞭打って
夜の勤行をして眠りについたのでした。

で、これがまたあとで問題になるのです。

続く

拍手してくださる方、
ありがとうございます。

石ってけっこう奥深いでしょ。
ぽちっとお願い致します。

  
にほんブログ村 雑貨ブログ 癒し系雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

東京以外の方からもご要望があり、
Skypeによる各種の相談を始めました。

貴方に合う守護石など様々な鑑定、
事業相談、お悩み事ございましたらご相談にのります。

チャットによる相談です。

日曜日休日とさせていただきます。

事前にメールにてご希望の日付・時間をお知らせください。
ご予約の方のみとさせていただきます。

先着順にご予約を入れて行きますので、
ご希望に添えない事がございます。
あしからず、ご了承ください。

料金は
30分コース3000円
1時間コース5500円

キャンセルは3日前にお知らせ下さい。
前日当日になりますと
キャンセル料(料金の20%)が発生致します。

払い戻しはお振込み料引かせて頂いての
ご返金となりますので御了承下さい。

また、キャンセルをされる
ご予約される時間も明記下さい。

ご不明な点や更に詳しくは
メールにてお問い合わせください。


shugoseki@gmail.com

スポンサーサイト



Copyright © いつも心に仏教を あるチベット仏教行者のWeb説法. all rights reserved.