FC2ブログ
いつも心に仏教を あるチベット仏教行者のWeb説法
チベット仏教はインド仏教の正当な流れを受け継ぐ「生きた」仏教です。
DATE: 2011/11/22(火)   CATEGORY: 仏教の話
遂に我が師ギェーパ・ドルジェー・リンポチェに再会
より多くの皆さんに

幸せを届ける為に

ぽちっとお願い致します。

  
にほんブログ村 雑貨ブログ 癒し系雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

毎日ブログを見てくださって
ありがとうございます。

応援のクリックを見て、

よーし、ブログを書くぞ~と頑張れます。
これからも、宜しくお願い致します。


今日はとうとうあれ程に憧れていた

我が師ギェーパ・ドルジェー・リンポチェ

との再会の時です。

尼さんと後2人の案内人に出迎えられ
どちらに行ったら良いのかと聞くと、

右手の方を指すので
そちらに行くと、更に二手に分かれていました。

で、戻って

どちらなのか?

とジェスチャーで聞いてみると

更に右と指さしています。

と言う事で、右に行ってみると
なんだか広場みたいな所で

中央の方で僧侶の方が
準備を行っています。

煙供養準備1
供養の準備1

煙供養準備2
供養の準備2

これは多分「煙供養」だな

と思いつつ、まだ、時間があるようなので
祭壇にある本日の御本尊をぱちり。

祭壇1
こちらがメインの御本尊

クルクレ
クルクレ

で、今回は

「クルクレの煙供養」
「グル・リンポチェの煙供養」

なのですが、会場を見ると
何やら皆さん何かを一生懸命に書いています。

どうやら、亡くなった方の供養をする為に
日本で言えば「お位牌」を印刷した紙に
その名前を手書きで書いている様子。

なので、私もその印刷された紙を頂いて
思いつく限りの名前を一生懸命書き入れました。

○○家、個人名とにかくいっぱい書きました。

で、どうやら他の何かもあるのらしいのですが、
今一つ分からず、ウロウロしていると

話しかけてくださる方が。
最初はその方に中国語で話しかけられたのですが

Sorry I can't speak Chinese.

そう言うと

何と、今度は英語で説明を始めてくださったのです。

そこで、話をよく聞いてみると
やはり、先祖供養の為に書いていると言う事でした。

更にその方が奥の祭壇に連れて行って下さり

「燈明供養」
「線香供養」
「飲食供養」

それぞれの場所で

Do you want to do ?

と言うので

Of course!
I want to do.

と言うとやっぱり何か書かなくてはいけないらしく
そして、当然ながら「お布施」を払わないといけません。

そこで、名前を書いて言われるままに
お布施を払いました。

そして、会場をウロウロしていると

我が根本の師

ギェーパ・ドルジェー・リンポチェを発見。

お畏れ多いですが、そろそろと近づいて

Excuse me,sir.

と話しかけると

ものすごい笑顔で

Oh!
Are you come for this ceremony?
Do you know who I happen to be here for me?

するとすぐ隣に居るお坊さんに

He is my japanese student.

そして、

I glad to see you

そう言ってくださいました。

それはもう天にも昇る気持ちと言ったら良いのでしょう。

こんなに嬉しい事はありません。

密教を学ぶ者にとって
師から

よく来たな
逢えて嬉しいぞ

こう言われる事は
これほど光栄な事は無いからです。

そして、

後で私の所に来なさい。

そう仰ってくださり
着々と準備をされていました。

これまた、更にも増して驚きと喜びが湧き上がって
一人勝手に盛り上がっていました。

しばらくすると、
チベット式のクラリネットかサックスの様な
独特の楽器が鳴り響き、儀式が始りました。

この音と同時に皆が立ちあがり
ギェーパ・ドルジェー・リンポチェをお迎え致します。

そして、先頭には長いお線香を持ったお坊さんが
先に立ち露払いの様に清めながら歩いて行きます。

ギェーパ・ドルジェー・リンポチェが席に着くと

まずは、導師であるギェーパ・ドルジェー・リンポチェに対して

「三礼」を致します。

三回の礼拝を行うのが礼儀なのです。

そこで、全員が「三礼」を行いそれから
出席者である私たちが席に着きます。

席に着くとお経が始まり、
合図と共に火が着けられます。

かなり、盛大に火が燃え上がり
その中に皆で供物を入れて行きます。

途中でクルクレのマントラの伝授があり、
マントラを唱えながらお供物を供養して行きます。

供養する人々
供養する人々

その事により、
このクルクレに功徳・利益をいただけると言う訳です。

供養の炎
供養の炎

で、実はめちゃくちゃに暑いのです。

一応、10/30と言う事なので
温かい格好が必要と思い、
ジャケットを着て行ったのですが

正直、大失敗でした。

半端ない暑さなんですから、ホント。

これで、終わりと言う訳ではありません。

まだ、グル・リンポチェの護摩供養が残っています。

これがまた、とんでもなく盛大なのです。

で、やっぱり続くです。

拍手してくださる方、
ありがとうございます。

仏教ってけっこう奥深いでしょ。
ぽちっとお願い致します。

  
にほんブログ村 雑貨ブログ 癒し系雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

東京以外の方からもご要望があり、
Skypeによる各種の相談を始めました。

貴方に合う守護石など様々な鑑定、
事業相談、お悩み事ございましたらご相談にのります。

チャットによる相談です。

日曜日休日とさせていただきます。

事前にメールにてご希望の日付・時間をお知らせください。
ご予約の方のみとさせていただきます。

先着順にご予約を入れて行きますので、
ご希望に添えない事がございます。
あしからず、ご了承ください。

料金は
30分コース3000円
1時間コース5500円

キャンセルは3日前にお知らせ下さい。
前日当日になりますと
キャンセル料(料金の20%)が発生致します。

払い戻しはお振込み料引かせて頂いての
ご返金となりますので御了承下さい。

また、キャンセルをされる
ご予約される時間も明記下さい。

ご不明な点や更に詳しくは
メールにてお問い合わせください。


shugoseki@gmail.com

スポンサーサイト



Copyright © いつも心に仏教を あるチベット仏教行者のWeb説法. all rights reserved.