FC2ブログ
いつも心に仏教を あるチベット仏教行者のWeb説法
チベット仏教はインド仏教の正当な流れを受け継ぐ「生きた」仏教です。
DATE: 2011/09/22(木)   CATEGORY: 仏教の話
明日はお彼岸
より多くの皆さんに

幸せを届ける為に

ぽちっとお願い致します。

  
にほんブログ村 雑貨ブログ 癒し系雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

毎日ブログを見てくださって
ありがとうございます。

応援のクリックを見て、

よーし、ブログを書くぞ~と頑張れます。
これからも、宜しくお願い致します。


台風は温帯低気圧に変わりましたが、
風速は温帯低気圧の方が強くなる事があり、

北海道の一部では
46メートル以上の風が吹いていたそうです。

関東に接近した時よりも強い風が吹いているので
該当地区は大丈夫でしたか?

夏の日の元気な花で
元気出して下さい。

夏の日の元気なお花

明日はお彼岸の中日と言う事で
お彼岸についてお書きしたいと思います。

彼岸と言う言葉は、彼方の岸を表す
サンスクリット語「パーリマム ティーラム」または
「パリャヴァサーナ」に由来します。

この彼方の岸とは目指すべき到達目標である
理想の境地、輪廻の海を超えた涅槃の境地の事を指します。

また波羅蜜(パーラミター)は到彼岸(とうひがん)と
翻訳される事がありこれを省略して「彼岸」とする事もあります。
こちらの方が一般的に知られているようです。

春分の日・秋分の日に行われるようになったの何故でしょうか?

その理由はこの2日間は
真東から日が昇り、真西に日が沈む事と関係しています。

実はお彼岸と言う考え方、信仰の形態は日本特有の物で
インドや中国その他の仏教国にはこのお彼岸と言う
セレモニーはありません。

阿弥陀仏の信仰に関係していて
阿弥陀仏がいらっしゃる極楽浄土は
西にあると信じられており、

昇る東側を此岸(しがん/こちらの岸)
つまり、この世と考えて、
沈む西側を彼岸(ひがん/向こう岸)
つまり極楽浄土と考えたのです。

本来、修行をして悟りを開いた到達地点としての
彼岸だったのですが、
一般庶民にはとても無理である事から
この様に変わって行ったと考えられます。

拍手してくださる方、
ありがとうございます。

仏教ってけっこう奥深いでしょ。
ぽちっとお願い致します。

  
にほんブログ村 雑貨ブログ 癒し系雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

東京以外の方からもご要望があり、
Skypeによる各種の相談を始めました。

貴方に合う守護石など様々な鑑定、
事業相談、お悩み事ございましたらご相談にのります。

チャットによる相談です。

日曜日休日とさせていただきます。

事前にメールにてご希望の日付・時間をお知らせください。
ご予約の方のみとさせていただきます。

先着順にご予約を入れて行きますので、
ご希望に添えない事がございます。
あしからず、ご了承ください。

料金は
30分コース3000円
1時間コース5500円

キャンセルは3日前にお知らせ下さい。
前日当日になりますと
キャンセル料(料金の20%)が発生致します。

払い戻しはお振込み料引かせて頂いての
ご返金となりますので御了承下さい。

また、キャンセルをされる
ご予約される時間も明記下さい。

ご不明な点や更に詳しくは
メールにてお問い合わせください。


shugoseki@gmail.com

スポンサーサイト



Copyright © いつも心に仏教を あるチベット仏教行者のWeb説法. all rights reserved.