FC2ブログ
いつも心に仏教を あるチベット仏教行者のWeb説法
チベット仏教はインド仏教の正当な流れを受け継ぐ「生きた」仏教です。
DATE: 2011/07/09(土)   CATEGORY: よもやま話
不忍池の池に蓮を見に行こう
毎日ブログを見てくださって
ありがとうございます。

応援のクリックを見て、

よーし、ブログを書くぞ~と頑張れます。
これからも、宜しくお願い致します。

行って来ましたよ。
不忍池のを見に。
何と起床時間は3時15分!

何故、こんなバカみたいに早く起きなくては
ならないかと言うと、

毎朝の「お勤め」があり、
水をなどや供養の品を差し上げたりと
最低限の事をしてもそれだけで、30分は掛かるし
もちろん、着替えたり、顔洗ったりだけでも10分は掛かる。

で、朝のお勤め最低最短バージョンでも15分は掛かるので
この時点で55分。

で、今回は生母の調子が良かったので
一緒に行く事になっていたので、
駅まで20分。

コンビニでおにぎりなどの調達をするので
支払いなどの時間や万が一人が先客がいて
待つ事も考えて5分。

すると合計1時間20分は掛かる計算になる。

でも、人間出掛ける間際になって
あれが無いこれが足りないってなるかも知れないし。
って事余裕を持ってはじき出した時間。

なので、

豪徳寺駅の始発4時49分に乗るには
この時間になったわけです。

さぁて、

ここからが、肝心の報告です。
5時38分に上野に着き、不忍池に向かいました。

余りにも、広いのでどこをどう探したら良いのか
分からないで、取りあえず一周する事にしました。

で、最初は不忍池の周りをぐるぐる回りながら、蓮を物色。
すると、既に強烈な見るからに高そうな望遠レンズを装着した
スチールカメラや一眼デジカメを持った人たちが、
三脚にカメラを装着しリレーズを着けて、
蓮を撮影しているではあ~りませんか!

私もコンパクトデジカメを持っていますが、
余りの差に恥ずかしくなってしまいました。

しかし、気を取り直して撮影を開始しました。
始めの家は蕾が多く、開花しているモノがかなり少なかったですが

未敷蓮華

時間と共に華が開くモノが増えていきました。

開蓮華

途中休憩で、谷中七福神で上野は東叡山 寛永寺に属する
弁天堂に行くがさすがに時間が早すぎて閉まっていた。

閉まっている弁天堂

そこで、近くのベンチで一休みし、再び撮影開始。

ほころんで来た蓮華

途中でボート池のボートにとまるカモメたちが目に付いた。

カモメたち

実際はずら~っと並んでいたのだが、
それは割愛。

帰りに再び弁天堂を訪ねると、何と開いていました。
そこで、お参りをしました。
同じく谷中七福神の大黒にもお参りをして帰って来ました。

私は幾つかの仏菩薩と縁がありますが、文殊菩薩もその一人です。
そして、チベット仏教において文殊菩薩のパートナーとされるのが
この「弁財天」です。
ですから、この弁財天には是非ともお参りをしないと。

開堂弁天堂

また、大黒天も私にとっては切っても切り離す事の出来ない
とても縁の深い神様だからです。

大黒堂

そして、帰りに会心の一枚。

会心の一枚

こうして、今日の撮影会は終了しました。
で、家に帰ってから、マイミクさんとスカイプで
チャットをして昼食。

しばらくしてから、ほぼ気絶状態で爆睡(笑)
気付いたら夕食の時間。

で、今更新。

来週も行ってみようと思います。
今度は一人で。

神様のお話はまた今度。

拍手してくださる方、
ありがとうございます。

石ってけっこう奥深いでしょ。
ぽちっとお願い致します。
  
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ 癒し系雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Copyright © いつも心に仏教を あるチベット仏教行者のWeb説法. all rights reserved.