FC2ブログ
いつも心に仏教を あるチベット仏教行者のWeb説法
チベット仏教はインド仏教の正当な流れを受け継ぐ「生きた」仏教です。
DATE: 2011/07/07(木)   CATEGORY: 神話
今日は七夕
毎日ブログを見てくださって
ありがとうございます。

応援のクリックを見て、

よーし、ブログを書くぞ~と頑張れます。
これからも、宜しくお願い致します。

今日は七夕なので、七夕について
書いてみようと思います。

本来、七夕は旧暦に行われていましたが
現在では新暦の今日行われるのが一般的です。

ただ、現在でも有名な七夕のお祭りは
旧暦で行われています。

そして、七夕伝説を現代風に
アレンジしてみました。

元は中国のお話なのでかなり表現が「かたい」ものですから。

遥か昔、天の川のほとりに、
天帝の娘で織女と呼ばれる
大変に美しい天女が住んで居ました。

織女は、天を支配している父の言いつけを
しっかりと守り、
毎日機織りをしていました。

織女の織る布はとても見事に光り輝き、
季節と共に色どりを変える不思議な錦です。

天帝は娘の働きぶりに感心していました。
しかし、年頃の娘なのにも関わらず
お化粧もせずに、
恋もした事のない娘を不憫に思って、
天の川の西に住んでいる働き者の
牽牛という牛飼いの青年と
結婚させることにしました。

結婚してから織女は牽牛との暮しに夢中で
毎日遊びまわっていました。

天帝も始めは大目にみていましたが、
それが、あまりに長く続いたので、
天帝はついに我慢できなくなり
2人の所へ出向くと、

「織女よ、はたを織ることがお前の仕事であることを忘れてたか。
 いつまでも遊び呆けているお前たちを放っておく訳にはいかない。
 再び天の川の岸辺に戻ってはた織りをしなさい」

そして、

「心を入れ替え、一生懸命仕事をするならば年に1度、
 7月7日の夜に牽牛と会う事を許そう」

と告げました。

織女は夫の牽牛と離れて暮すのが
辛く悲しく涙にくれるばかりでしたが、

辛さをこらえ牽牛に別れを告げると、
元の天の川の東に帰りました。

それ以来、反省した織女は
年に1度の牽牛との再会を励みに、
以前のようにはた織りを一生懸命に、
するようになりました。

もちろん牽牛も同じ思いで、
一生懸命に働いて、7月7日を待ち侘びました。
こうやって、牽牛と織女は一生懸命に仕事をしながら、
7月7日の夜を待っていたのです。

ところが、7月7日に雨が降ると、
天の川の水かさが増して、
織女は向こう岸に渡ることができなくなります。

川下に上弦の月がかかっていても、
月の舟人は織女を渡してはくれません。

2人は天の川の東と西の岸辺にたたずんで、
川面を眺めて涙を流すのでだけでした。

ところが、そんな2人を見かねたのか
何処からともなく、かささぎの群が飛んできて、
天の川で翼と翼を広げて橋となり、
織女を牽牛のもとへ渡す手助けを
してくれるのだそうです。

ちなみに、ベトナムではかささぎの代りに
カラスがその役目を務めます。

一見、悲恋の物語に思われがちな
七夕伝説ですが、
実は親が子を思う
愛のムチだったのかもしれませんね。

拍手してくださる方、
ありがとうございます。

石ってけっこう奥深いでしょ。
ぽちっとお願い致します。
  
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ 癒し系雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Copyright © いつも心に仏教を あるチベット仏教行者のWeb説法. all rights reserved.