FC2ブログ
いつも心に仏教を あるチベット仏教行者のWeb説法
チベット仏教はインド仏教の正当な流れを受け継ぐ「生きた」仏教です。
DATE: 2011/07/06(水)   CATEGORY: 色々な守護石
守護石日記 心の安定を促す ジェット編 
毎日ブログを見てくださって
ありがとうございます。

応援のクリックを見て、

よーし、ブログを書くぞ~と頑張れます。
これからも、宜しくお願い致します。

ジェット

土に属します。

古代に水中に沈んだ樹木が、
長い年月をかけて上からの圧力で圧縮されて
化石となった守護石です。

科学的な分析がされる以前は、
樹木の樹液が化石となった琥珀の一種だと考えらおり、
別名を黒琥珀と言いますが、
成分からいうと石炭の仲間になります。

なので燃やすと石炭独特の匂いがします。
まれにアンモナイトや貝の化石が入っているものもあります。

不透明な黒色または濃褐色で、
磨くとビロードのような光沢を示します。

琥珀と同様に摩擦すると帯電します。

紀元前1400年頃から採掘されていたようです。

古代ローマでは修道士のロザリオに用いられ、
あるいは粉末にして水やワインに溶かしたものは薬効があると
信じられていました。

争いや怒り、困惑などのから解放されり、
心の中の混乱を鎮めるてくれる力があると言われています。

冷静さを取り戻し、
物事を的確に判断できる力を養うことが出来るとされています。

魔除けや旅の護衛としても効果的とされ、
やわらかいため加工しやすく、
故人を追悼する装身具として使われてきました。

葬祭時の装飾品としては同様にオニキスも使用されていましたが、
オニキスより軽いので重宝されたそうです。

また19世紀には夫アルバート公を無くした
英国のヴィクトリア女王が、この石の装身具を

モーニングジュエリー(喪に服する期間に身につけられる装身具)として、
20年以上にわたって身につけてたため、
当時ファッションリーダーとしても大きな影響力を持っていた
ヴィクトリア女王に影響され、
ジェットはヨーロッパで大流行しました。

中世ヨーロッパでは、
トパーズペリドットと同様に、

夜、眠っている間に襲いかかる憂鬱や
不安から守ってくれると信じられていて、
今でも目に見えない不安な心や迷いから
守ってくれるとされています。

古くはてんかんの治療薬として用いられたとされ、
他には腹痛や頭痛を改善する力があるとされています。
粉末にされ石薬として使用されました。

このジェットは成分としては
木や石炭ですので浄化法は

熱や乾燥を避ける方法として

月光浴、
さざれ
クラスター
音による浄化

がオススメです。

 拍手してくださる方、
 ありがとうございます。

石ってけっこう奥深いでしょ。
ぽちっとお願い致します。
  
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ 癒し系雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Copyright © いつも心に仏教を あるチベット仏教行者のWeb説法. all rights reserved.