FC2ブログ
いつも心に仏教を あるチベット仏教行者のWeb説法
チベット仏教はインド仏教の正当な流れを受け継ぐ「生きた」仏教です。
DATE: 2011/06/15(水)   CATEGORY: よもやま話
パワースポットについての提言
毎日ブログを見てくださって
ありがとうございます。

応援のクリックを見て、

よーし、ブログを書くぞ~と頑張れます。
これからも、宜しくお願い致します。


今日はパワースポットでの
「心得」ついて書いてみたいと思います。

実は氏神様の時に書こうと思っていたのですが
かなり、長くなってしまうので、一旦、書く事を諦めました。

しかし、どうしても気になって仕方がないので、
やはり書かせて頂こうと思ったのです。

そもそも、パワースポットとはどんな場所なのかと言うと

① 信仰の地であり、色々な願い事が叶ったり、心が癒やされる場所。

 高野山、熊野古道、天河神社、ルルドの泉等々。

② ①とは違い特に信仰の地ではないもので、
 大自然や特定の建物の中で、願いが叶ったり、心が癒やされる場所。

座敷わらしの宿で有名になった「緑風荘」や世界遺産でもある屋久島等々。

①は当然ですが信仰の場所です。
その場所ではお経なり、祝詞なり神仏に対して祈りの言葉を
長い間に渡って捧げて来たのです。
それは、一途な思いで、全ての生き物に対する幸せを祈って来た
「神聖な場所なのです」

それ、大勢の人間でディスニーランドや
ユニバーサルスタジオに行くみたいに、
無神経にがやがやと騒がしく訪れて良い場所ではないのです。

訪れるならば敬意を持って、行動しましょう。

②は特定の宗教などの信仰は無いですが、
昔から敬意の払われていた場所です。

やはり、特別な何かがあって、パワースポットに
なっているのですから、同じく敬意を払うのは当然です。
特に自然の中ならば、自然破壊をしないように、
自然に対して最大限の注意をするべきです。

ゴミをポイ捨てなどもっての外です。
願いを叶える以前の問題です。
節度ある行動をとりましょう。

①にしても②にしても長い時間かけて
祈りや自然の力で「浄化された気(エネルギー)」が
蓄積されたものを人間のエゴで、消費するのは問題なんです。

それは、石油を採掘して文明の高度化をはかる事で
地球そのものを破壊するのに似ています。

聖地(パワースポット)を
エゴによる欲望に満ちた「魔界都市」にしかねないのです。

皆さんの心がけで次第で、

聖地を更なる清らかな地にも
エゴの渦巻く魔界にもなってしまうのです。

行くなと言っているのではありません。
節度を持って行動しましょうそう提言しているのです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ 癒し系雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Copyright © いつも心に仏教を あるチベット仏教行者のWeb説法. all rights reserved.