FC2ブログ
いつも心に仏教を あるチベット仏教行者のWeb説法
チベット仏教はインド仏教の正当な流れを受け継ぐ「生きた」仏教です。
DATE: 2011/06/02(木)   CATEGORY: 色々な守護石
守護石日記 貴金属の王 ゴールド(金)編
しばらく、守護石について書いていなかったので
今日はゴールド(金)について書こうと思います。

ゴールド
元素記号はAuであり、これはラテン語で
金を意味する aurum に由来しています。

基本的には太陽を象徴し、
火の属性なのですが、
ラピス・ラズリと同じく
全て星座を守護するとされています。

人類が最初に用いた金属と思われており、
7千年前のエジプトのでは既に用いられいました。
そして、その後も貴金属の王としてあらゆる民族に
珍重されてきました。

金運に特に効果があり、
身に着けると、富や名誉や権力、
そして幸福をもたらすと言われています。

またその他の運気の流れも
より良い方向へと向かわせてくれるそうです。

精神と身体のバランスを保ち、
活力を与えると信じられています。

魂を成熟させ、深い認識を与えて、
根源的な智恵を得る事が出来るとされています。

また心と体、そして魂に対しても
優れた浄化力を持ち、

「偉大なる治療薬」

として様々な病気の治療薬として
用いられてきました。

特に、血液の循環を良くして神経系統を強化し、
肉体全ての調整に関する症状を
改善するのに用いられていたようです

ちなみに、ヒンドゥー教では
死体を焼いた煙を浴びた時は
純金を入れて浄化した水を
右手で受けて、それを体に降りかけて
清めるという事を行います。

純金が強い浄化力を持っていると
信じているからです。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ 癒し系雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Copyright © いつも心に仏教を あるチベット仏教行者のWeb説法. all rights reserved.