FC2ブログ
いつも心に仏教を あるチベット仏教行者のWeb説法
チベット仏教はインド仏教の正当な流れを受け継ぐ「生きた」仏教です。
DATE: 2011/05/04(水)   CATEGORY: 色々な守護石
守護石日記 アメシスト編
今日は昨日に続き、
水晶シリーズで行きたいと思います。

紫の色は古来から神々や聖職者の色として、
叡智、正義、秘儀を表してきました。

ローマにおいてもそうであったように
『万葉集』の時代、日本では紫は
朝廷が独占してきた色であり、
平民が紫色の衣裳を着用することは
許されていませんでした。

また中国では皇帝の色であり
他の人間には使用を禁止していました。

有名な紫禁城もそこから名前がきているのです。

財運を呼び、家運を向上させると
言い伝えられています。

男女の深い愛や貞節、
幸福や楽しい夢を人に与えると
言われるようになりました。

理想的な愛を求める男女にとって、
なくてはならない守護石と言われています。

精神的には豊かた精神が保たれ、
理性のひらめきを活発にするので、
自然と多くの人からの人気が高まると
言われています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ 癒し系雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Copyright © いつも心に仏教を あるチベット仏教行者のWeb説法. all rights reserved.