FC2ブログ
いつも心に仏教を あるチベット仏教行者のWeb説法
チベット仏教はインド仏教の正当な流れを受け継ぐ「生きた」仏教です。
DATE: 2011/04/25(月)   CATEGORY: 色々な守護石
守護石日記 ルビー編
火の属性で獅子座の一つ守護石です。

宝石の女王とされ、ヨーロッパではルビーが愛された歴史は
ダイヤモンドよりも遥かに古いにです。

ファラオが持つ蛇の形をした杖に嵌めこまれたことから、
威厳と神の力、王位を表す宝石になった。

中世ヨーロッパでは神の慈悲を象徴しました。

ルビーは着用する人の情熱を高め、
一層輝かせ、優美な身のこなしと気品を強調してくれます。

その輝きは恋人を招き寄せるのみならず、
何事にもくじけずに未来に立ち向かう勇気を授けてくれるのです。

赤は戦いと情熱を象徴すると同時に、
多産と豊穣を象徴する色でした。

甕や壺が赤くぬらえれるのは、
子宮を示す呪具を多産と豊作の効果を高めるためです。

戦士に不死身のパワーを宿し、
情熱の萎えた人には情熱を蘇らせる、
出血や炎症に効果が高く、
安産お守りとして信仰されていました。

多くの力を秘めたルビーですが、

実はかなり持つのには注意が必要な守護石です。

ルビーは人の持つ力を10倍くらいに高めてくれますが、
欠点さえも10倍に高めてしまいます。

周りに、

仕事は物凄く出来るけれど、人としては最低

そんな人を見かけた事はないでしょうか?

ルビーを持つには事前に自分の欠点を
克服しておく必要があります。

実は気難しいルビーなのです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ 癒し系雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



Copyright © いつも心に仏教を あるチベット仏教行者のWeb説法. all rights reserved.