FC2ブログ
いつも心に仏教を あるチベット仏教行者のWeb説法
チベット仏教はインド仏教の正当な流れを受け継ぐ「生きた」仏教です。
DATE: 2011/04/19(火)   CATEGORY: 守護石
着ける場所で効果に差はあるの?
守護石を着ける場所によって効果が違うのか?

というのは誰もが持つ素朴な疑問ではないでしょうか?

結論から言えば、

「違います」

例えば、結婚指輪。

この習慣は元々ユダヤ教の習慣でした。

ユダヤ教では薬指が心臓一番に近く、
命の源として考えられていため
そこに通じる薬指に指輪をする事は
命と命を結ぶ大切な約束と考えたのです。

最近ではパワーストーンはブレスレットが
主流になっていますので、

「右手首」と「左手首」の差についてお話しましょう。

男性は気を吸収するのは「左側」で行います。
そして、気を放出するのは「右側」です。

女性の場合気を吸収するのは「右側」で行います。
そして、気を放出するのは「左側」です。

つまり、男女では「反対」になると言う訳です。

しかし、これはあくまで一般論であって
必ずしも全ての人に当てはまるわけではありません。

では、より、効率良く守護石(パワーストーン)を
使いこなすためにはどうしたらよいのでしょうか?

体調不良など体に元気がない場合は

「吸収側」でより元気を取り入れます。

魔よけ・厄除けなどの場合は

「放出側」で悪い運気をはじき返します。

だた、これまたケース バイ ケースです。

体調不良の原因が「外的要因」から来るなら

「放出側」

不運が続くと言っても実は自分の傲慢さなど「内的要因」なら

「吸収側」で内省を促すことが必要だったりします。

「着ける場所」

単純ではないのです。
着ける人の状態をよく見てつける事が使いこなすポイントなのです。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ 癒し系雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Copyright © いつも心に仏教を あるチベット仏教行者のWeb説法. all rights reserved.